株式会社PRAG

不動産売却の納税義務は?知っておいて損がない税金の基本

リノベーションはこちら! お問い合わせはこちら

不動産売却の納税義務は?知っておいて損がない税金の基本

不動産売却の納税義務は?知っておいて損がない税金の基本

2023/11/24

不動産の売却には、多くの方がお金を得られるというメリットがありますが、それには納税義務があることをご存知でしょうか。納税義務を知らずに放置していると、税金の支払い漏れなどで不利益を被ることがあります。この記事では、不動産売却にかかる納税義務について解説し、税金の基礎知識を身に付けましょう。

目次

    不動産売却の納税義務とは?

    不動産売却には、税金の支払いが必要な場合があります。不動産売却における税金は、譲渡所得税及び固定資産税です。譲渡所得税は、売却した不動産の価格から、購入時の価格や譲渡費用を差し引いた差額に対して課税されます。また、固定資産税は、不動産を所有している期間によって決定される課税対象となり、土地や建物の評価額に応じて設定されます。不動産売却に際しては、これらの税金を含めた資金計画を立てることが大切です。また、税金の計算には多くの専門知識が必要となるため、税理士や不動産専門家との相談が必要な場合があります。

    売却益から控除できる費用とは?

    不動産を売却する際、注目すべき点の一つに売却益から控除できる費用があります。売却益から控除できる費用とは、購入費用や改修費用、仲介手数料、譲渡所得税などが挙げられます。購入費用とは、土地や建物の取得代金だけでなく、登記費用や固定資産税なども含まれます。改修費用は、売却前に修繕やリフォームを行った際の費用のことで、その費用が売却益から控除できます。また、仲介手数料は不動産仲介業者に支払う手数料のことで、この費用も売却益から控除できます。譲渡所得税は、土地や建物を譲渡した際に課せられる税金で、売却益が一定額を超える場合に支払う必要がありますが、この税金も売却益から控除することができます。以上のように、売却益から控除できる費用は複数ありますので、適用できるものはしっかりと把握しておくことが大切です。

    不動産売却における相続税の扱いとは?

    不動産を売却する場合、相続税の扱いについても考慮しなければなりません。相続税は、故人が所有していた財産を相続者が受け取る際に課税されます。不動産を相続した場合、その不動産の評価額に基づいて課税されます。しかし、不動産が売却される場合には、売却価格が相続税の課税額に反映されることになります。 例えば、相続した不動産を売却する際には、売却価格から相続した際の取得価額を控除し、その差額が課税されます。また、相続税の申告書の提出期限によっては、売却後の税金訂正が必要になる場合があります。そのため、相続税に関する手続きは適切に行うように注意しましょう。 不動産売却にともなう相続税の扱いは、非常に複雑であり、プロのアドバイスを受ける必要があるかもしれません。税理士や弁護士などの専門家に相談し、正確かつ迅速な手続きを行いましょう。これによって、不動産売却に伴う相続税の問題を適切に処理し、余計なトラブルを回避することができます。

    非居住用不動産の場合の税金の特例とは?

    不動産を売却する際には、税金の支払いも重要なポイントです。しかし、非居住用不動産に限り、税金の特例があります。具体的には、譲渡所得の計算において、譲渡価格から譲渡費用を控除した差額が、譲渡所得額として計算されます。そして、一定期間(3年または5年)所有した場合には、一定額の譲渡所得控除も適用されます。また、非居住用不動産であれば、所得税法の特別措置により、譲渡所得税率も一定の割引が適用されます。これらの特例が適用されることで、非居住用不動産の売却に伴う税負担を軽減することができます。ただし、特例が適用されないケースもありますので、専門家に相談することが必要です。

    不動産売却に伴う税金の申告期限とは?」

    不動産売却に伴う税金の申告期限は、売却した年の次の年の3月15日までとなります。具体的には、例えば2021年に不動産を売却した場合は、2022年3月15日までに所得税や住民税などの税金を申告する必要があります。この申告期限を過ぎると、遅延税や罰金が課せられる可能性がありますので、注意が必要です。また、売却した際に支払った仲介手数料や登記費用なども控除対象となるため、正確な金額を計算したうえで申告することが大切です。このように、不動産売却には税金の面でも注意が必要ですが、適切な手続きを踏むことで問題なく売却できるでしょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。