株式会社PRAG

空き家特例で知る不動産売却の税金対策とメリット

リノベーションはこちら! お問い合わせはこちら

空き家特例で知る不動産売却の税金対策とメリット

空き家特例で知る不動産売却の税金対策とメリット

2023/12/11

最近、増え続ける空き家問題に対応するため、政府は空き家特例を設けました。この特例を利用することで、不動産売却にかかる税金が軽減されるというメリットがあります。また、この特例には条件があるため、利用する際には注意が必要です。本記事では、空き家特例を活用した不動産売却の税金対策やそのメリットについて解説していきます。

目次

    1. 空き家特例とは何か?

    不動産売却には、空き家特例という制度があります。これは、建物が空き家である場合にのみ適用されるもので、所有者が売却する場合に減価償却資産として課税することなく、特別に取り扱われることを意味します。そのため、所有者は高い税金を払わずに、容易に不動産を売却することができます。空き家特例は、特に地方自治体での空き家問題解決のために導入された制度であり、不動産市場を活性化させるための一つの施策として注目されています。ただし、この制度を活用するためには、一定の条件を満たす必要があります。例えば、法人の場合は建物が1年以上空き家であることが条件となります。個人所有の場合は、特に条件はありませんが、物件の状態によっては特例措置が適用されない場合もあります。そのため、空き家特例を活用する場合は、専門家に相談して、細かな条件や手続きについて確認することが必要です。

    2. 空き家特例を利用するメリットは?

    不動産売却を考える場合、空き家特例を利用することで多くのメリットがあります。 まず一つ目のメリットは、譲渡所得税が割引されることです。空き家特例を利用することで、売却した際の譲渡所得税が最大6割引になるため、売却益が大幅に増加することが期待できます。 二つ目のメリットは、相続税が減額されることです。空き家特例を利用する場合、相続税の評価額が通常よりも低く算定されるため、相続税が削減されることが期待できます。 さらに、三つ目のメリットは、不動産取得税が免除されることです。空き家特例により譲渡所得税が免除になる場合には、不動産取得税も免除されます。これにより、不動産購入費用が削減され、お得に不動産を購入することが可能です。 以上のように、空き家特例を利用することで、不動産売却において多くのメリットがあります。しかし、特例の内容や条件が複雑であるため、不動産売却を考える場合には、専門家のアドバイスを受けることが重要です。

    3. 空き家特例を利用した場合の税金対策とは?

    不動産売却において、空き家特例を利用することで税金対策を行うことができます。空き家特例とは、一定期間自己居住しなかった住宅を売却した場合に課税する際に、所得税及び住民税の計算方法を優遇する制度です。 具体的には、空き家特例が適用されると、売却益の一部が非課税になったり、売却益を特別に計算して税金が軽減されたりするため、税金負担を減らすことができます。また、空き家特例だけでなく、住宅ローン減税や相続税の控除など、不動産売却におけるさまざまな税金対策が存在します。 ただし、これらの税金対策には条件があるため、注意が必要です。例えば、空き家特例は自己居住しなかった住宅に限定されるため、投資用不動産などの売却には適用されません。また、住宅ローン減税については、所得やローン利息の支払い状況によって適用される場合とされない場合があります。 つまり、不動産売却において税金対策を行うためには、適用条件をよく確認し、プロの税理士などに相談することが大切です。適切な税金対策を行うことで、不動産売却による収益を最大限に活用することができます。

    4. 空き家特例を利用するための条件は?

    空き家特例とは、所有する不動産を空き家として放置している場合に、譲渡所得が生じた場合の税額軽減措置です。具体的には、譲渡した際の所得金額から3000万円を控除することができます。しかし、この特例を利用するためにはいくつか条件があります。 まず、空き家として放置している期間が1年以上であることが必要です。また、所有する人が個人である場合、譲渡所得が50万円未満であることが条件となります。法人の場合は、譲渡所得が1,000万円未満であることが条件となります。 さらに、空き家特例を利用するには、所有者が自宅として使用していた不動産を除き、売却する不動産がいくつもあってはいけません。つまり、1つの所有物の売却についてのみ適用されます。 以上が空家特例を利用するための主な条件となります。利用する場合は、譲渡所得税の申告時に申請する必要があります。もし所有している不動産を利用していない場合は、この特例を利用して税金を節約することができるので、是非検討してみてはいかがでしょうか。

    5. 空き家特例を利用する際に注意すべき点は?

    不動産売却において、空き家特例を利用することで税金が節税できますが、注意点があります。空き家特例を利用する場合は、まず居住用不動産であることが必要です。また、居住用不動産の中でも特に所有期間が5年以上であることが条件となります。 さらに、売却益に応じた所得税や住民税がかかるため、空き家特例を利用した場合でも税金の支払いが必要となります。また、空き家特例を利用するためには確定申告が必要となるため、税務署に相談することが大切です。 さらに、空き家特例を利用する場合は、慎重に物件の査定を行うことも大切です。空き家特例を利用することで所得税や住民税を節税できますが、査定額が高すぎると不利な場合があります。したがって、査定業者の選定や交渉にも注意が必要です。 以上の点を踏まえ、空き家特例を利用する際には専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。計画的な売却手続きにより、効果的に節税を実現しましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。