株式会社PRAG

査定から売却まで!不動産売却のスムーズな進め方

リノベーションはこちら! お問い合わせはこちら

査定から売却まで!不動産売却のスムーズな進め方

査定から売却まで!不動産売却のスムーズな進め方

2024/01/05

不動産を売却するにあたり、査定から売却までの手続きをスムーズに進めることが大切です。不動産売却は、様々な契約や手続きが必要で、そのプロセスが複雑であるため、専門家の協力が欠かせません。今回は、不動産売却の基本的な流れとスムーズな進め方についてご紹介します。

目次

    1. 不動産売却の初歩:査定の依頼

    不動産売却の初めの一歩は、まず査定を依頼することです。不動産の査定は、不動産会社や不動産査定業者に依頼することが一般的です。査定では、立地や間取り、築年数などの物件の情報を基に、現在の市場相場や周辺物件の売り出し状況を勘案して物件の価値を算出します。物件の査定結果には、売却予想価格や売却にかかる費用、契約書作成手数料などが含まれます。売却の際には、おおよその売却予想価格がわかることで、適切な売却価格を決定することができるため、売却の前に査定を依頼しておくことが大切です。

    2. 仲介業者との契約や価格交渉について

    不動産を売却する際、仲介業者を利用することが一般的です。このとき、不動産売却に関する契約や価格交渉は重要なポイントとなります。契約については、契約内容や手数料などを確認し、不明点があれば遠慮なく質問しましょう。また、価格交渉については、仲介業者に提示された価格が適正かどうかを判断し、もし適正でなければ適切なステップを踏んで交渉することが大切です。ただし、適正価格というのは市場価格や周辺物件の価格などを考慮した上で判断する必要があります。不動産売却は巨額の金額が動くため、契約や価格交渉については慎重に考え、専門家のアドバイスを受けることも大切です。

    3. 家の内部修繕や外装の手入れが必要?

    不動産売却を考える際、家の内部修繕や外装の手入れが必要かどうかは重要な問題です。内部修繕には、壁や天井のクラックや穴を埋めたり、電気・水道のトラブルを解決したりすることが含まれます。外装の手入れには、屋根や外壁の修繕、屋根塗装、木材や金属部品の交換などが含まれます。これらの問題を放置すると、不動産の価値が下がるばかりか、買い手に不満を与える可能性があります。また、内部修繕や外装の手入れをきちんと行うことで、不動産の魅力を高めて、より高値で売却することができます。したがって、不動産売却を考える際には、事前に内部修繕や外装の手入れを行い、不動産の価値を高めることが重要です。

    4. 売却契約後の手続きについて

    不動産売却において、契約が締結された後には売却手続きが必要です。まず、売主は売買代金を受け取るために、銀行口座を用意し、所定の書類を提出することが必要となります。また、税金については、売買契約締結後に発生した分は売主負担となりますので、申告手続きを行い、税金を納付することが必要です。 さらに、物件の引き渡しに際しては、引越しの手配や残置物の処分、引き渡し時期の調整などが必要となります。これらの手続きは、売主と買主で協力して行う必要があります。売買契約後の手続きは、売主や買主の不備や遅延が起こらないよう、適切な手順で行うことが大切です。

    5. 税金や手数料に関するポイント

    不動産を売却する際には、税金や手数料に関するポイントを理解することが重要です。 まず、売却に伴ってかかる税金としては、譲渡所得税があります。この税率は売却益に応じて異なりますが、最高で45%にもなります。また、所得税に加えて、住民税や国民健康保険料などもかかるため、事前に必要な費用を把握しておくことが必要です。 そして、不動産を売却する際には仲介業者に手数料が発生します。不動産業者によって手数料の世界は異なりますが、一般的には売却価格の3%〜5%程度が相場となっています。手数料は高額になるため、複数の業者に相見積もりをしてから契約することをおすすめします。 また、物件を管理している管理会社がいる場合は、売却する前に解約について確認することも重要です。解約に際して違約金が必要になることもありますので、詳細については事前に問い合わせることが必要です。 最後に、不動産の売却には様々な費用がかかるため、売却前にしっかりと計画を立てることが必要です。専門家に相談しながら、無駄な費用を抑えながらスムーズな売却を目指しましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。